簡単に痩せられる基礎代謝を上げて体質を変える方法

簡単に痩せられる基礎代謝を上げて体質を変える方法

簡単に痩せられる基礎代謝を上げて体質を変える方法

無理なダイエットは基礎代謝を低下させてリバウンドの原因になります。そこで、基礎代謝を上げて太りにくい身体を作る方法について紹介します。

簡単に痩せられる基礎代謝を上げて体質を変える方法

太りやすいのは基礎代謝の低下が原因

食べる量は他の人よりもがんばって減らしてるのに、ぜんぜん痩せないというのは基礎代謝が低下していることが原因であることが多いです。

 

基礎代謝が低下する原因は、筋肉量の減少、倹約遺伝子を持っていることなどです。

 

また、低体温も基礎代謝を下げる原因です。体温が1℃下がると基礎代謝は12%も減少します。カロリーに変換すると200〜500kcalに相当します。

 

 

基礎代謝を上げる方法とは?

基礎代謝を高めておけば太りにくい身体を作ることができます。何もしなくても身体がどんどんエネルギーを消費してくれるからです。

 

そんな基礎代謝を上げる方法は以下の通りです。

 

固い食べ物を食べて噛む回数を増やす

よく噛むと、食事による体熱の発生量が多くなり、体温が上昇します。だから、よく噛むことで消費するエネルギー量を増やし、基礎代謝を上げることができます。

 

 

脂質の少ないたんぱく質を摂取する

白身魚や鶏の胸肉など、脂質が少ないたんぱく質は、消化をするのにたくさんのエネルギーが必要ですので、消費カロリーが多くなります。

 

また、たんぱく質は筋肉の原料になります。筋肉量を増やすことで基礎代謝が高くなります。

 

 

食事の前に少し運動する

食事の前に軽く運動をしておくと筋肉から熱が発生するので、食事のときに発生する体熱がより高まって、エネルギー消費量を増やすことができます。

 

腕立て伏せ20回でも十分効果があり、1日で200kcalくらい多くエネルギーの消費量を増やすことができます。

 

 

水や緑茶を飲む

緑茶には、基礎代謝量をアップさせる効果があります。緑茶を飲むことによって、緑茶に含まれるカテキンの効果で交感神経の働きを高めるホルモンが分泌されて、体脂肪が燃えやすくなります。

 

水を飲むことによって、体温が低下します。その低下した体温を上昇させるために、エネルギーが消費されるので、1日の消費エネルギー量が増えます。

 

基本的に水や緑茶はカロリーがないのでいくら飲んでも太ることはありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ