グリーンスムージーに含まれる硝酸態窒素で癌になる?

グリーンスムージーに含まれる硝酸態窒素で癌になる?

グリーンスムージーに含まれる硝酸態窒素で癌になる?

グリーンスムージーは美容や健康目的で飲む人が急増しているみたいです。しかし、グリーンスムージーに含まれる硝酸態質素によって癌のリスクが高くなるとも言われています。

グリーンスムージーに含まれる硝酸態窒素で癌になる?

硝酸態窒素とは?

野菜の栄養素として窒素があります。窒素は野菜に吸収されるときに「硝酸態窒素」という物質になります。その硝酸態窒素は、野菜を食べたときに身体の中に蓄積されて、癌や血流の悪化などトラブルの原因になると考えられているのです。

 

 

いまだに謎の多い硝酸態窒素

ドイツやオランダなどの欧州では野菜の硝酸態窒素の濃度の上限値が設けられています。それに対して日本ではまだ規制されていません。

 

硝酸態窒素がどのように代謝されるのか、今のところ完全に明白にすることができないからです。まだ硝酸態窒素の人体への影響は研究されている段階なのです。

 

 

輸入野菜は硝酸態濃度は低いが...

湿度が低くて、降水量の少ないところで生産された野菜は硝酸態窒素の濃度は低いです。

 

しかし、そういったところで生産された野菜には別のリスクがあります。それは、紫外線の強いところに存在する菌は生命力が強いので、除菌することが難しいということです。

 

 

硝酸態窒素を避けるためにはどうすれば良い?

硝酸態窒素は葉っぱに多く存在します。葉の部分ではなく実の部分を使用すれば、硝酸態窒素の摂取量を減らすことができます。もし葉野菜をグリーンスムージーで使用するのであれば、無肥料の野菜が硝酸態窒素が少ないです。

 

茹でたり、煮たりすれば、硝酸態窒素は30〜50%ほど減少させることができます。でも、グリーンスムージーは生野菜を使用するので、これは無理ですね。煮物など葉野菜を調理するときの参考にしてほしいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ