腹筋ローラーはきつい!背中や肩が痛い理由とは?

腹筋ローラーはきつい!背中や肩が痛い理由とは?

腹筋ローラーはきつい!背中や肩が痛い理由とは?

お腹を引き締めるために手軽にできるエクササイズ器具が腹筋ローラーです。やってみると意外にきつくて、すぐに筋肉痛になってしまいます。あと腹筋ローラーなのに背中や肩が痛くなる方もいるようです。

腹筋ローラーはきつい!背中や肩が痛い理由とは?

腹筋ローラーとは?

腹筋ローラーとは車輪の両端にハンドルが付いている腹筋を鍛えるためのエクササイズ器具です。軽くてコンパクトなので、どこでも手軽に腹筋のトレーニングができます。

 

仰向けから起き上がる通常の腹筋運動ができない方でもできるので、腹筋に自信のない方から、体力に自信のある人まで幅広く使用することができます。

 

値段も1,000円前後から購入できるので、コストが少なく始めることができます。

 

 

腹筋ローラーのやり方

腹筋ローラーはやり方によって自由に強度を調節することができます。基本は四つん這いの状態からハンドルを持ち、ローラーを前に転がしてそれを戻すのを繰り返します。

 

この移動距離を大きくすればするほど負荷が上がっていきます。初心者の方は転がす距離を短くして始めた方が良いでしょう。慣れてきたら徐々に距離を伸ばすようにしましょう。

 

四つん這いの状態に慣れてきたら今度は立った状態から前屈をしてハンドルを持ち前後に転がすようにします。これは相当きついので十分体力がついてから行った方が良いでしょう。

 

週3日、5〜10分程度を目安に行うと、お腹の引き締めに効果的です。

 

 

腹筋ローラーで背中や肩が痛くなる?

腹筋ローラーは実は全身運動です。お腹だけではなく、肩や腕、背中、太ももの筋肉も一緒に使われます。ですので肩や背中が筋肉痛になっても不思議ではありません。ただし、腰が痛くなる場合はフォームに問題があります。腰が反らないように注意をしながら動くようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ